大阪の帰化申請の専門家 行政書士と無料相談から始めませんか

帰化申請の専門家
アイム行政書士法人に
お任せください!

1999年開業以来、帰化・永住申請の実績が豊富です。
煩雑な書類収集も専門家に任せることで楽々・安心。

まずは無料相談から始めませんか。

無料相談

帰化・永住のことなら
帰化・永住申請の専門家アイム行政書士法人にお任せください。

確かな実績とノウハウ

アイム行政書士法人は、15年以上の帰化・永住申請の手続き実績があります。皆様の帰化・永住に関するご相談、お手続きをご安心してお任せください。

帰化・永住許可申請の確かな実績

外国籍から日本国籍に変わる「帰化」。外国籍のままで日本に永住する「永住」。「帰化か永住、どちらがいいの?」と悩まれている方も多いかと思います。アイム行政書士法人では、相談者の方に「帰化」、「永住」の違いを丁寧にご説明し、納得のいく答えを探すお手伝いをさせていただいています。

帰化を考えておられる方の背景はお一人お一人違います。「特別永住者(いわゆる在日)」として日本で生まれ、日本で育ってきた方。留学で来日し、日本で就職した方。仕事で来日した方。日本人と結婚した方。日本で会社を経営する方。それぞれの状況や現在の国籍に応じて帰化申請に必要な書類は異なります。

アイム行政書士法人では、これまで様々な国、在留資格の方の帰化申請を取り扱ってきましたので、安心して手続きをお任せください。

*特別永住者(韓国、台湾)・ニューカマー(中国、台湾、韓国、インド、欧米)の帰化実績が豊富です。
*中国語を話せる行政書士がいます。帰化に必要な中国語の翻訳も一括してお受けできます。(翻訳代は別途有料)

帰化申請でこんな時ご相談ください。

帰化申請でこんな時ご相談ください
帰化申請でこんな時ご相談ください。
  • 自分が帰化できるのかどうか知りたい
  • 帰化を考えているが一度話だけ聞きたい
  • 帰化申請をどこに頼んだらいいのか迷っている
  • 以前自分でやろうとしたが途中でやめてしまった

帰化申請を行政書士に頼むメリット

帰化申請を行政書士に頼むメリット
  • 必要な煩雑な資料収集も任せられる
  • 書類作成の手間がはぶける
  • 帰化動機書の作成アドバイスをしてくれる
  • 自身でするよりも時間と労力の節約
  • 法務局への訪問も最小限で済む
  • 申請後も相談できる

ご自身で手続きされるときには、仕事されている合間など、忙しい日常生活を削って時間をつくり、その短い時間をつなぎ合わせて、やっと申請までたどり着くことになります。 申請をしようと思ってから、かなりの時間が経ってしまうケースが多く、せっかく取った証明書の使用期限が切れてしまう、なんてことも。

当社に相談に来られる方でも、数年前に一度、法務局に帰化相談をし、その当時に集めた書類を持ってこられる方もいらっしゃいます。手続きが煩雑で、面倒なので、途中であきらめる方も多いのではないでしょうか。当社では、これらの面倒な手続き全部を迅速に処理して書類を完成いたします。皆様への負担は最小限にし、手続き期間中、皆様がお仕事や学業に集中できるようにいたします。

大阪の帰化申請の専門家と無料相談から始めませんか

帰化申請には膨大な書類を用意する必要があります。本国から取り寄せる書類もあり途中で挫折する人が多いようです。気長にやろう考えていると、いつの間にか時間だけが過ぎ、そのままになってしまうケースが多くあります。結婚などをきっかけに帰化を決意する方もいらっしゃいます。早く、安心に、帰化申請を行うためには帰化を専門に扱う行政書士に依頼されるのがスムーズに帰化申請ができます。

受付時間 9:00~18:00(土日祝定休日)
ご相談は休日・時間外も受け付けております/予約制

 
 
帰化申請の専門家 宮本行政書士 伊藤行政書士

国によって帰化申請の書類が違います

帰化申請の書類
韓国籍の方、中国籍の方は帰化申請をする場合は必要書類が違います。詳しくは下記ボタンをクリックしてご確認ください。

帰化申請のご相談に来られた方の様々な事例のご紹介

帰化相談

一度挫折したが結婚を考えると専門家に頼んで一気にやりたい

私は、40歳、在日韓国人3世。親の世代と違って、韓国には特別な思い入れもなく、サッカーも日本代表を応援している。日々の生活で不自由をすることはないが、今、交際している彼女との結婚を考えると、将来のために … 続きを読む »

永住の方が得なのか、家族で申請したほうがいいのか

私(35歳)は、2010年に仕事ビザで来日して、その後、家族(妻、娘1人)も連れてきて、3人で暮らしている。海外への出張のたびに、その国のビザ手続きをしなければならず、会社に迷惑をかけることもあるので、… 続きを読む »

» その他の帰化事例を見る
トップ