帰化申請・永住許可申請について、よくいただくご質問をまとめました。

帰化についてよくあるご質問

帰化申請・永住許可申請について
よくあるご質問を一部ですが掲載しております。

帰化申請・永住許可申請でよくあるご質問

 私たち夫婦は共に中国籍ですが、夫婦の内、1人だけ帰化申請できますか?

帰化申請することは可能です。ただし、ご夫婦の国籍が異なることとなりますので、よく、ご夫婦で話し合ってから申請されたほうが良いと考えます。

 帰化して日本人になれば、本国に暮らす親を、日本に呼び寄せて、一緒に暮らすことはできますか?

帰化申請が許可され、日本国籍を取得したとしても、その事だけをもって、本国に暮らすご両親を、日本に呼び寄せるための在留資格が与えられることはありません。

 離婚歴があるのですが、帰化に影響しますか?

離婚歴があることだけでは、影響することはないと思われますが、その婚姻が偽装であったり、実態がない婚姻であった等の問題があると判断されるような場合は、影響すると考えます。

 離婚したことがある場合、どんな書類が必要となりますか?

離婚公証書や、離婚届記載事項証明書、元配偶者が日本人の場合は戸籍謄本等、離婚に関する資料が必要となります。

 交通違反があると帰化に影響しますか?

交通違反があることは、「素行が善良であること」の要件を満たさなくなる可能性があるため、影響します。交通違反の内容や程度により、帰化申請が難しくなることもあります。

 オーバースティ(超過滞在)の経歴がありますが、帰化できますか?

オーバースティの後、適法な在留資格を取得し、その後、法令違反がないような場合には帰化できる可能性がありますが、通常の住所要件(引き続き5年以上日本に住所を有すること)を満たしただけでは許可になることは難しいと考えます。より長い期間、日本に住所を有していることが必要となります。

 国民年金を払わないことは帰化に影響しますか?

影響すると考えます。帰化申請では、日本年金機構が発行した「年金定期便」、年金保険料領収書等の写し(直近1年分)の提出が求められます。

 税金の滞納は帰化に影響しますか?

税金の滞納は、「素行が善良であること」の要件を満たさなくなる可能性があるため、影響します。完納してから申請したほうが良いと考えます。

 日本語の能力はどれくらい必要ですか?

一般的には小学校低学年レベルの日本語能力が必要とされています。

 私は、専業主婦で収入はありませんが、帰化できますか?

「自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によって生計を営むことができること」が要件ですので、例えば、配偶者に収入があり、生活が営むことができれば、帰化することは可能です。

 本国の母が入院したため、昨年1年間、帰国していましたが、帰化に影響しますか?

日本での滞在期間が短い場合、帰化に影響します。日本に戻られてから、一定期間経過しないと帰化が難しい場合があります。

 会社を、数社経営していますが、すべての会社の資料を提出する必要がありますか?

経営する全ての会社の資料、役員になっている会社の資料を提出する必要があります。また、状況により、家族が経営する会社の資料についても提出が必要です。

 現在使用している氏名を、帰化後も使用することができますか?

使用できる漢字、使用できない漢字がありますので、一度、ご相談ください。また、夫婦又は日本人の配偶者が申請する場合は、夫又は妻、いずれかの氏となります。

帰化申請を考えている方へ

帰化申請には膨大な書類を用意する必要があります。本国から取り寄せる書類もあり途中で挫折する人が多いようです。気長にやろう考えていると、いつの間にか時間だけが過ぎ、そのままになってしまうケースが多くあります。結婚などをきっかけに帰化を決意する方もいらっしゃいます。早く、安心に、帰化申請を行うためには帰化を専門に扱う行政書士に依頼されるのがスムーズに帰化申請ができます。

受付時間 9:00~18:00(土日祝定休日)
ご相談は休日・時間外も受け付けております/予約制

帰化申請の専門家 宮本行政書士 伊藤行政書士
トップ