帰化申請・永住許可申請 ご依頼から手続きの流れ

帰化申請 ご依頼の流れ

帰化申請・永住許可申請の無料相談から
審査結果のご報告までの流れを掲載しています。

帰化申請のお取引の流れについて

ステップ

まずはお気軽にお問い合せ・ご相談下さい。
ご相談は初回相談に限り無料(※)で受けていただくことができます。
当ホームページのお問い合せフォームか、 お電話・FAXでお問い合せください。
※当社に来所される場合に限ります。

ステップ

お電話・メールにて簡単なヒアリング
ご面談前に、お電話又はメールにて、簡単なヒアリングをさせて頂き、ご対応方法などの説明を致します。
※なお、ご面談日時は、土日祝でも、お気軽にご相談ください。

ステップ

依頼者様とのご面談
直接ご依頼主様とご面談させて頂き、今後のスケジュールや、申請に必要な書類の概要をお示しし、見積書をお出しします。
また、この時点でのお問い合わせ相談については報酬は発生いたしません。
ただし、ご訪問によるご面談については¥5.000/h+交通費を頂戴いたしております。

ステップ

依頼成立
業務委任契約書の取り交わしと、料金の一部(着手金)のお振込みいただき、必要資料の収集等、ご依頼業務に着手します。 帰化申請のご依頼の場合は原則的に必要書類は当社が収集いたします。 帰化申請以外の業務に関しましてはご依頼主様ご自身で必要書類を準備していただきます。

ステップ

申請書の提出
着手金を引いた残額をお支払いください。お支払いの確認ができ次第、申請書を提出します。
※帰化申請の最後の受付だけは必ずご本人様に法務局に来て頂かなければなりません。当社では行政書士が付き添いますので、ご安心いただけます。
※帰化申請以外の場合は、入国管理局への申請手続きは当社が代行いたします。
ご依頼者さまは基本的に出向かれる必要はございません。

ステップ

審査結果のご報告
審査にかかる日数は、申請内容・申請の時期・管轄入管の状況等々によりケース・バイ・ケースです。 帰化申請は申請後、面接をへて、6~10か月後になることが多いです。

帰化申請を考えている方へ

帰化申請には膨大な書類を用意する必要があります。本国から取り寄せる書類もあり途中で挫折する人が多いようです。気長にやろう考えていると、いつの間にか時間だけが過ぎ、そのままになってしまうケースが多くあります。結婚などをきっかけに帰化を決意する方もいらっしゃいます。早く、安心に、帰化申請を行うためには帰化を専門に扱う行政書士に依頼されるのがスムーズに帰化申請ができます。

受付時間 9:00~18:00(土日祝定休日)
ご相談は休日・時間外も受け付けております/予約制

帰化申請の専門家 宮本行政書士 伊藤行政書士
トップ