中国籍の方の帰化申請のことなら中国語が話せる大阪のアイム行政書士法人にお任せ。

帰化申請の必要書類
 < 中国籍の方 >

帰化をするにあたり様々な疑問や悩みがあると思います。
専門家に任せることで安心・早く・確実にできます。

帰化申請の必要書類 < 中国籍の方 >

帰化を申請するにあたり、他種多数の書類の添付が必要です。書類によっては平日しか取得できない書類もあり、お仕事しながらこれらの書類をご自身で収集するのは大変です。アイム行政書士法人では、可能な限り、これらの書類を代理取得いたします。また、必要な翻訳文も変わって翻訳業者に依頼することも可能です。
 *1 ご本人しか取得できない書類もあります。 *2 中国語文書は当社でも翻訳可能です。(別途有料)

中国籍の方の必要書類

■下記は帰化に必要な書類の一般例で、申請者によっては別途必要な書類があります。

 書類名取得先注記注記
1親族の概要を記載した書面法務局書式 法務局で用紙を取得し、
必要事項を記入して作成
2履歴書15歳未満は不要
3帰化許可申請書 
4写真2枚申請書に貼付
5帰化の動機書(自筆)15歳未満、特別永住者は不要
6生計の概要を記載した書面 
7事業の概要を記載した書面 
8国籍証明書日本にある中国領事館本人、父母等について必要なものを取得。要翻訳。
9出生公証書中国
10死亡公証書
11婚姻公証書
12離婚公証書
13親族関係公証書
14パスポートコピー  失効分も含む
15出生届記載事項証明書日本本人、父母等について必要なものを取得
16死亡届記載事項証明書
17婚姻届記載事項証明書
18離婚届記載事項証明書
19日本の戸籍謄本・除籍謄本
20その他身分関係を証する書面
21住民票同居者全員
22


営業許可証・免許書類コピー 営業許可・免許が必要な業態を
経営する場合
本人、同居者等について
必要なものを取得
23法人登記簿謄本法務局 
24法人税確定申告書コピー  
25源泉徴収簿及び納付書コピー会社 
26厚生年金の保険料領収書コピー 
27法人都道府県税の納税証明書都道府県
税事務所
 
28事業税の納税証明書 
29法人市区町村民税の納税証明書市区役所 
30法人税の納税証明書税務署 
31消費税の納税証明書 
32



営業許可証・免許書類コピー 営業許可・免許が必要な業態を
経営する場合
33所得税確定申告書コピー  
34事業税の納税証明書都道府県
税事務所
 
35住民税の課税証明書市区役所 
36住民税の納税証明書 
37所得税の納税証明書税務署 
38消費税の納税証明書 
39

在勤・給与証明書会社特別永住者は不要
40給与明細書特別永住者のみ
41源泉徴収票 
42住民税の課税証明書市区役所 
43住民税の納税証明書 
44
在学証明書  
45生徒手帳・学生証・通知表等のコピー  
46ねんきん定期便、年金保険料領収書コピー注記 
47自動車運転免許証コピー(表・裏) 運転免許保有者の場合
48運転記録証明書(過去5年間)自動車安全運転センター
49最終学校の卒業証明書、証書コピー 特別永住者は不要
50技能・資格を証する書面コピー 有技能・資格者の場合
51土地・建物登記簿謄本 不動産保有者の場合
52賃貸借契約書 賃貸住宅に居住の場合
53居宅付近の略図  
54勤務先の略図  

帰化申請を考えている方へ

帰化申請には膨大な書類を用意する必要があります。本国から取り寄せる書類もあり途中で挫折する人が多いようです。気長にやろう考えていると、いつの間にか時間だけが過ぎ、そのままになってしまうケースが多くあります。結婚などをきっかけに帰化を決意する方もいらっしゃいます。早く、安心に、帰化申請を行うためには帰化を専門に扱う行政書士に依頼されるのがスムーズに帰化申請ができます。

受付時間 9:00~18:00(土日祝定休日)
ご相談は休日・時間外も受け付けております/予約制

帰化申請の専門家 宮本行政書士 伊藤行政書士
トップ